映画・テレビ

「あさが来た」 ラッピング電車・バス

Dsc_9938__1478

2015年後期NHK連続テレビ小説「あさが来た」の放送が、好評のうちに終了した。平均視聴率23.5%は朝ドラとして今世紀最高、1話最高視聴率27.2%を記録した。

放送開始から4カ月近い1月24日より、番組にちなんだラッピングを車体に施した電車・バスが大阪市内で運行を始めた。大阪市交通局の地下鉄四つ橋線と、バス88号系統(大阪駅前~天保山)・60号系統(なんば~天保山)の各ルートを運行している。
当初は番組最終回の4月2日(土)までで運行終了とされていたが、好評につき5月7日(土)まで延長となることが大阪市交通局から3月24日にアナウンスされた。延長に伴い、車体の放送時間の表示は、本放送のものから、「あさが来た スピンオフ 割れ鍋にとじ蓋」(4月23日放送)と「あさが来た 総集編」(5月5日放送)に更新されている。

デビュー当初に撮影しそびれてしまい、年度末は多忙なので4月に入ってから2日勝負と考えていた。延長が決まり5月初旬まで時間があると悠長に構えていたところ、気が付いたら終了まで1週間を切ってしまい、大型連休を利用して慌てて撮りまわった。

train

地下鉄は1日中運用されているかと思いきや、夕方から出庫することもあった。一度出庫すると約50分サイクルで線内を単純に往復するので、比較的捕まえやすい。

Dsc_9958__2
「加野銀行」のエントランスにあさ夫婦がお出迎えというコンセプト

Dsc_9961__1050_2

Dsc_9965__1088_2
ラッピングは4号車のみ。車内は他車と特段の変化は無く、広告ジャック等はされていない

Dsc_9967__3
扉を閉じるとこんな感じ

Dsc_9968_2__2
波瑠の直筆サイン入り。西梅田方・
東面扉の脇1カ所のみ

bus

バスは日野ハイブリッド車。プリウスと共通のニッケル水素電池を搭載する。大阪市営バスの青帯をまとった低公害バス(ハイブリッド車、CNG車)としては、初めてのラッピング車らしい。なお、「純と愛」のラッピングバスは三菱ふそうの一般型(緑帯)だった。

Dsc_9882__1429

Dsc_9926__1315
Dsc_9880__1232
運転席側と後面はドラマのモデルとなった「加島屋と広岡浅子展」(大同生命本社)のPR。

「加島屋と広岡浅子展」については以前 「あさが来た」 ロケ地とゆかりの地 で紹介した。 好評につき2016年9月30日まで延長されている。

Dsc_9883_
波瑠の直筆サインが扉に書かれていたため、停留所停車時には開扉によって見えなくなる。ファンの間では撮影のハードルが高いと評されていた

肥後橋脇の大同生命本社ビルをバックに撮影。ビルが縦長なのに加えて、晴天だと逆光になり阪神高速の高架や一般車なども邪魔する。何とか撮影できたので掲載する。

Dsc_9942___1467

Dsc_9946___2

Dsc_9925_
海遊館をバックに。平日は60号系統の運用にも入るため、梅田になかなか顔を出さない

sun

NHK大阪放送局制作の朝ドラの中で、同様のラッピングを行ったものを整理してみた。
 「純と愛」(2012) 大阪市営バス
 「ごちそうさん」(2013) 大阪市営地下鉄(御堂筋線)
 「マッサン」(2014) JR西日本呉線、阪堺電気軌道

「あさが来た」の主人公 あさ のモデルとなった広岡浅子が創業にかかわったとされる大同生命の本社が肥後橋脇にあることから、今回はここを経由する地下鉄・バス路線が選定されたと説明されている。これに加えてバス88・60系統は海遊館前を発着し、観光客の目に留まりやすいというアドバンテージを持っている。
バスに関しては、もうひとひねり欲しかった。市営バス62号系統であれば必須の肥後橋に加えて、大阪取引所の五代友厚像や浅子の姉 春 の嫁いだ天王寺屋(ドラマでは はつ、山王寺屋とされた)の跡がある北浜、さらに撮影スタジオのある大阪放送局の付近を経由する。番組関係者がNHK前の馬場町から利用することも期待され、話題となったかもしれない。ただ、62号系統では御堂筋・四つ橋筋の一方通行の関係で、肥後橋の通過本数が半減するデメリットもあるが。

今回は安全に考慮して、地下鉄・バスいずれも運行ダイヤは非公開となった。市営交通の案内所に問合わせれば教えてもらえるとのことで電話したところ、地下鉄については回答を受けたがバスの方は鶴町営業所に尋ねてくれとのこと。お見事なタライ回し展開となったものの、営業所に手間を取らすのも申し訳ないので、通りすがりの他のバスの写真を撮って気長に待つこととし、成果を以下に掲載する。

apple

大阪梅田~IKEA鶴浜のシャトルバス。運行する大阪シティバスは、大阪市交通局から一部路線を受託運行する大阪市の子会社。これは数少ない自社運行路線となる。大阪市内では珍しい通称「モヤシ」(中型車幅のロングボデー大型車)を使用しており、中古車の模様。

Dsc_9872ikea1528_2

以前にアップした近鉄バスのWデッカーOSAKA SKY VISTAがカラーリングを変更していた。日本では2階建てバスがロンドンバスをイメージして赤塗装が用いられることが多く、やや安直な感も。

ブログ内の前記事 オープントップバス 近鉄バス(大阪市内定期観光)

Dsc_9944osaka_sky_vista1358_2

訪日外国人客向けの周遊バス「大阪ワンダーループ」。一般社団法人One Osakaループバス推進機構が今年3月1日運行開始し、南海バスと緑風観光が受託する。バンホール アストロメガのオープントップ改造車が使用され、写真は南海車。

Dsc_99411498_2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「あさが来た」 ロケ地とゆかりの地(中間まとめ)

2015年度後期、NHK大阪放送局制 作の連続テレビ小説(朝ドラ)「あさが来た」が好評だ。
10月21日(水)には番組最高視聴率23.6%(関東)を記録し、既に前作「まれ」の最高22.7%を超えている。

[新着情報] 「あさが来た」 ラッピング電車・バス を追加(2016.5.14)new

 

moneybag今井家のロケ地

主役あさ(演:波瑠)の実家、京都今井家のロケが行われたのは奈良県橿原市今井町。

Dsc_9603hosei
今井まちづくりセンター 。ドラマでは街灯を上手く隠している

Dsc_9598hosei
このアングルもよく出てくる

今井町は、戦国時代に形成された環濠都市だ。江戸時代の建物が多数現存し、重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。
実在の浅子さんは京都の出水三井家の出身だが、実家のロケ地に敬意を表してドラマ中では今井家としたのだろう。
ちなみに、今井家を名乗る商家がドラマで仔細に描かれるのは、おそらく1978年大河ドラマ「黄金の日々」以来であり、懐かしく思っている人もいるかもしれない。この作品に登場する堺の豪商今井宗久は実在の人物で、今井町の出身と言われている。

Dsc_9586hosei
橿原市立今井まちなみ交流センター「華甍(はないらか)」 に展示されている江戸時代の今井町復元模型

今井町は、2013度後期連続テレビ小説「ごちそうさん」でもロケが行われており、近年では日本生命のテレビCMにも登場している。
メジャーなロケ地で歴史的価値の高い街並みでありながら、シルバーウィーク最初の日曜日に訪れたところ、見渡せる範囲の観光客は片手で数えるほどしか居なかった。この日は岸和田のだんじり祭りも開催されていて、そちらへ十万人単位で観光客が流れた可能性もあるし、「あさが来た」の放送開始1週間前で知る人ぞ知るという事情もあるだろうが、それにしても少すぎる。飛鳥村の方が渋滞で近づけないのでこっちに流れてきたという方が何組かおられ、そもそも今井町を本命で訪れる方が少ないようなのだ。
ボランティアガイドさんによると、「宣伝していないし、お店(土産物店・飲食店)もほとんどないから」とのお話。

これまでの映像作品ではスポット的な登場だったけど、「あさが来た」では町内のシーンが繰り返し使われるので、今週あたり来訪者は激増しているかもしれない。 

moneybag加野屋・白岡家のモデル

「あさが来た」のヒロインのモデルは、大同生命の創業者の一人の広岡浅子である。
これにちなんで「大同生命の源流“加島屋と広岡浅子”」という特別展示が、7月25日から大同生命大阪本社で行われている。

Pa180005
肥後橋駅近くの大同生命大阪本社ビル。この地に浅子が嫁いだ加島屋があった

遅ればせながら先週行ってみた。
平日19時まで、土休日は16時まで(無料・入場は終了時刻の30分前まで・月曜日は団体のみ)と、主催者も気合が入っている。

Pa180008

Pa180009

写真撮影可能なのは、メモリアルホールの入口パネルまでとのこと。ただ、掲示などなく、展示資料をスマホで撮影する人を見掛けた。
新撰組の借用証文は土方歳三のサインなどがあって人目を引いたが、加島屋に証文が残っていたところをみると、組への借出金は返済されなかったと推定されている。

Pa180013

Pa180014
江戸時代の佇まいのままの加島屋。原案小説「土佐堀川」は手前を流れる川の名前からとられた

昨年、開催された大同生命の創業110周年の特別展に関するHP説明文に、メモリアルホールについての記述があった。

『メモリアルホールは、1925(大正14)年から現在の本社ビルへの建替えが行われる1990(平成2)年まで当地にありました、建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計による大同生命旧肥後橋本社ビルの内外装の一部を用い、当時の様子を復元再生したものです。』

新しい本社ビルにしてはレトロな年季の行ったインテリアと思ったら、1世紀近く昔に建てられた旧本社ビルのパーツが活用されていた。敷地内には、旧ビル外装正面頂部のテラコッタも保存されている。

Pa180016
敷地内に保存されているテラコッタ 

ヴォーリズといえば、日本で設計事務所を立ち上げ、数多くの洋館の設計を手掛けている。裁判の末、保存が決まった滋賀県豊郷町立豊郷小学校旧校舎の設計者と言えば最もわかりやすいだろう。
旧大同生命本社ビルの設計に携わった理由は、彼の妻が、浅子の娘婿の妹だったためと推測される。旧本社ビルのパーツを部分的ながら継承する拘りを見せるのは、創業者の親戚による設計ということが影響しているかもしれない。

ヴォーリズは戦前に帰化しており、欧米人として太平洋戦争中に日本に留まった数少ない1人だ。1年前に同じ枠で放送されたマッサンのヒロインのモデルとなった竹鶴リタと、似た境遇に置かれていたことになる。

moneybag五代友厚に会える?

次は、大阪証券取引所ビルと五代友厚(才助)像。40代で亡くなったため銅像も若々しく、イケメンである。
五代の銅像は大阪市内に数体あるらしく、商都大阪にとって忘れ難い人物となっている。

Pa240130

Pa240131hosei

moneybag明暗を分けた姉妹の人生

広岡浅子の姉 大眉春は、大坂随一の両替屋と呼ばれたこともある今橋天王寺屋へ嫁いでいる。現在の大阪証券取引所ビルの裏手、加島屋から徒歩15分程度だ。

ドラマの中では、姉の名前をはつ(演:宮崎あおい)、嫁ぎ先は山王寺屋とされている。

大阪市立開平小学校(旧集英小学校の敷地)の南側にある碑は、この付近に天王寺屋があったことを示している。天王寺屋五兵衛・平野屋五兵衛という大坂きっての両替商が、通りを挟んで店を構えていたので、その通りの名前を五+五=十兵衛横町と呼んでいたということである。
碑の存在は以前から知っていたが、「あさが来た」のおかげで由来を理解することができた。

Pa240133

平野屋は現在の開平小学校にあったと言われており、天王寺屋はその西側に建っていたらしい。ただし、十兵衛横町が碑が建っている位置だったとすると、天王寺屋の位置は南側となる。住所はいずれも大阪市中央区今橋1丁目である。

Pa240135
開平小学校と天五に平五の碑(角右側)

天王寺屋はその後明治維新の混乱の中で倒産、春も1872年(明治5)に27歳の若さで亡くなっている。

moneybag大名借り?

ドラマの中では、あさが宇奈山藩蔵屋敷に赴き借金回収に奮戦するエピソードが描かれていた。浅子が実際に出向いたのは宇和島藩で、加島屋の借入金の返済猶予を認めさせている。「大名借し」が両替屋の重要な業務であったことは知られているが、大名からの資金調達もあったことには驚かされる。
宇和島藩大坂蔵屋敷は中之島と江戸堀の2か所にあり、いずれも加島屋から至近である。このうち中之島蔵屋敷は建築中の中之島フェスティバルタワー・西地区(旧大阪朝日ビル)の敷地にあたり、目と鼻の先である。大同生命大阪本社ビル2階から見た、浅子も見たであろうアングルの写真を最後に掲げておく。

Pa180010
阪神高速高架橋の向こう側のビルが中之島フェスティバルタワー西地区(建築中の2塔目)

※10月25日23:41アップのものを修正・追記

参考:大同生命HP「大同生命の源流~加島屋と広岡浅子~」
http://kajimaya-asako.daido-life.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「花燃ゆ」のラッピング列車[JR西・山口]

徳山駅で大河ドラマ「花燃ゆ」のラッピング列車を見掛けた。
放送開始の1月から走っていて色も褪せているだろうし、御熱心に取組まれている諸兄にお任せして、と考えて証拠程度に適当に撮っておいた。
ところが、この2日前の3月28日の運行開始だったことを今日知った。天候・光線が最高の「撮ってください」と言わんばかりの位置に据え付けてあったのに・・・
真面目に撮っておくんだった。

Dsc_8555_upyou
奥へ回って順光で撮ろうとしたら、動き気始めた!

Dsc_8560_upyou
程なく戻っきてきて、ホームへ据え付け

Dsc_8553_upyou

Dsc_8557_upyou

Dsc_8558_upyou

テレビ番組のラッピング車両は、通常は放送開始の時期に合わせることが多いが、今回はだいぶ遅れて始めた。何か事情があるんだろう。

 以下、個人的な憶測。
・観光シーズンに合わせて開始時期を設定した?→3月に入って約1カ月、ダイヤ改正から2週間の出遅れで、これはあり得ない。
・ラッピングを美しく保つのは9カ月程度で、大河ドラマは約1年間の放送枠のため、放送期間の前後をラッピング期間から外さざるを得ない?(広告ではもっと長期間使用するが、人物画像があり俳優や所属事務所が絡むので少しでも汚いのはNG?)
・年度末で予算が余ったので、執行した?
・視聴率が余りにも低いので、テコ入れした?→人口閑散地区を走らせてどんだけ効果が?

Dsc_8556_upyou
徳山で見掛けた117系。以前見たことがあるような無いような。

大阪市営地下鉄御堂筋線で「ごちそうさん」車両ラッピングをやった時も、編成全部が番組広告でなく1両だけだった。
今回も、両端のみ番組広告で、中間車は山口県か関係市の広告っぽい。正式なアナウンスは無いのだが、放送時間がキチッと入っているところは御堂筋線と同じだし、NHKの全車体広告という扱いかもしれない。広告料は格安かもしれないが。

Dsc_4954_upyou
イラストだけかと思ったら、戸袋部に女優さんの顔写真があった。父親の出身地から数キロしか離れていない所を走る。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「てっぱん」尾道ロケ写真パネルが登場

朝ドラ ネタを続ける。急遽決まった2010年度下半期のNHK朝の連続テレビ小説「てっぱん」の再放送と関連して、尾道駅前に尾道ロケ写真パネルが登場している。
再放送はBSプレミアムで4月8日から月~土曜日。元々「てっぱん」の放送予定は無く、当初は19時~19時15分は「純情きらり」、7時15分~7時30分19時15分~19時30分は「カーネーション」の再放送がそれぞれ予定されていた。カーネーションの再放送が中止されたため、空いた719時15分~の枠に「純情きらり」が移動繰り下げ、19時~の枠には新たに「てっぱん」が再放送されることになった。

 

Dsc_3654_2

Dsc_3655


突然の再放送なのにパネル展とは段取り良く、年度末で予算余っていたなという勝手な憶測はさておき・・・ちょっと雑談を。

・最終回まで1ヶ月を切った3月11日に東日本大震災が発生し、地上波での放送が1週間中断する前代未聞の事態となった。「おはよう日本」に続く時間帯を震災報道に充てざるを得ない状況だったこともあるが、コミカルな内容のドラマを震災報道に割り込ませると浮いてしまうのを懸念したのだと思う。このため放送再開後しばらくの間、見るのがしんどい雰囲気もあったが、災害時には視聴率が上がりその中でもNHKが高くなる傾向があることから、最高視聴率は前作「おひさま」を超える23.6%を記録している。
・地方が朝ドラや大河ドラマの舞台となると、地元で盛り上がったり県知事がコメントして話題となることが通常だったが、同じ県内の広島市内では職場・学校でも話題に上らず、まるで異国の話のようだった。実際「てっぱん」の舞台の尾道は備後国、広島市は安芸国で確かに異国であり、方言も異なる。広島県の東西統一感の無さを、今更ながら感じた。
・ドラマの中では大阪の鰹節問屋「浜勝(はましょう)」が描かれていたが、実在するとんかつチェーン店「浜勝(はまかつ)」と店名が同じ、ロゴも類似していた。また、ドラマ中で主人公が大阪で開いたお好み焼き店が「おのみっちゃん」、広島市内には「みっちゃん」という有名なお好み焼き店(のれん分けにより数店あり)があり、これもロゴが似る。これまでのNHKのドラマを見ると、ドラマのモデルが実在する場合はローカルブランドなら類似可(例えば、現在放送中の「あまちゃん」の架空会社「北三陸鉄道」)のルールと思われるが、「浜勝(はまかつ)」はドラマと無関係で類似名の必要性が無く、千葉県以西に店舗展開する準全国展開のブランドのため、「浜勝(はましょう)」には公共放送として違和感を覚えた。

*余談だが「北三陸鉄道」は「北陸鉄道」と似ていて、いずれも略称が「ほくてつ」なので、石川県内で違和感を抱く人は多いだろう。

Dsc_3658

本年4月1日から国道317号尾道大橋が無料化され、尾道~向島渡船への影響が避けられないと考えられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カーネーション・放送終了1周年

4月からBSで再放送が予定されていたのが、急遽中止された。出演者に多少縁のある方がおられたので楽しみにしていたのだが、このままでは退屈なので昨年3月時点の岸和田市内やJOBKでの展示風景を紹介する。

Img_0196_ed
南海電鉄岸和田駅に着いたら、駅前はカーネーション一色だった。
実はビニール傘を車内に忘れ、駅員に申し出たら次の停車駅で発見されたんで15分程度で戻ってくるとのこと。ホームに駅員が常駐していないはずなのに驚異の高速連携プレーをしていただき、ひたすら感謝。
 
Img_0239_ed
岸和田駅前商店街。左が旧コシノ洋裁店、右が当時NHKが出展していたカーネーションのギャラリー。
 
Img_0203_ed
Img_0208_ed
Img_0211_ed
 
Img_0220_
Img_0231_
岸和田は独立した藩領である。天領だった大阪周辺には、岸和田藩、高槻藩、尼崎藩の譜代大名が治める小藩が配置されていた。
 
Img_0222_ed
Img_0233_ed
奈津の実家だった料亭「吉田屋」としてロケが行われた「がんこ五風荘」。回遊式日本庭園を見ながらの食事ができる。
 
Img_0238_ed_2
公安員会の設置した道路交通標識に落書きのある光景は、現代の日本では珍しいだろう。岸和田を舞台にした過去の映画を思い出してもらえば早い話で、大阪の中でも良くも悪くも個性の強い地域といえる。
 
ここからは、大阪放送局(JOBK)で開催された「カーネーションまつり」
 
Img_0240_
Img_0242_
最終回間近で視聴率も高かったこともあり、撮影セットの見学には長蛇の列が。
 
Img_0249_
撮影に使われた衣装のうち、糸子がデザインしたとされるものが展示されていた。
Img_0250_
心斎橋百貨店の制服。ちなみにロケ地は高島屋大阪店東別館(旧松阪屋大阪店)、コシノさんが制服を売り込んだ実話は岸和田市内の百貨店だったと伝えられる。
 
Img_0253_ed
Dsc_0623_ed
大阪放送局見学コースのエレベーターにも尾野真千子さんが貼り付いていた。あまり知られていないが、ここから9階まで登ると大阪制作の朝ドラ、歴史秘話ヒストリア、バラエティー生活笑百科などのスタジオ収録風景を見ることができる。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|