« 広島空港 ローカライザーの高さ検証 | トップページ | 三宮地下道A14出入口 »

山陽電鉄 3000系直通特急代走

1年ほど前に山陽電鉄 3000系ファミリーによる(3050系)直通特急代走に乗車した。あるブログで山陽電車の話を見掛けたこともあり、ネット上で走行写真は見掛けるが、乗車した話はほとんど見掛けないので報告する。

姫路駅で4両の梅田行き直通特急が発車を待っていた。
3両はクロスシート、1両はロングシートで、変な編成だと思いつつ、山陽電車に詳しくないので写真も撮らずにクロスシートに座る。
発車しても、途中乗り換えになる放送は無い。代走は珍しいことではないんだろう。

Dsc_6195
使用されていた3074の車内。
5000系から転用されたクロスシートが配置されているが、中央扉付近のみロングシートとなっている。
後で調べると、この編成は3両編成時代に阪神線内直通特急の代走車に指定され、そのためクロスシート改造されたらしい。その指定も10年以上前に解除されている。

ロングシートの他の3000系でなく、クロスシート改造車を代走に充てただけでも良心的か。

Dsc_6196
東須磨で5000系6連の直通特急に乗り換え。

2~3駅手前でようやく車両交換・乗り換えの放送が入る。大多数の乗客は慣れた感じで移動する。糸崎駅みたいな光景。

Dsc_6197

山陽線内は阪神線ほど軌道状態が良くないため、エアサスでは無い3000系は豪快に揺れ、姫路から爆睡の直通乗車予定だったのが果たせずであった。


|
|

« 広島空港 ローカライザーの高さ検証 | トップページ | 三宮地下道A14出入口 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531791/61735732

この記事へのトラックバック一覧です: 山陽電鉄 3000系直通特急代走:

« 広島空港 ローカライザーの高さ検証 | トップページ | 三宮地下道A14出入口 »