« 「花燃ゆ」のラッピング列車[JR西・山口] | トップページ | 広島空港 ローカライザーの高さ検証 »

桜 さくら

週末は天候不順で恒例の桜撮影に出なかったので、3月下旬に周南市徳山で見掛けた満開の桜を紹介する。
徳山は工業都市のイメージが強く、殺風景な工場群を想像しがちだが、中心部には見事な桜並木がある。

Dsc_8572_upyou
市役所付近 防長交通の回送車と

Dsc_8573_upyou
市役所付近

Dsc_8564_upyou
県周南総合庁舎付近

山口県内の桜の多くは、花にボリューム感があり、絢爛豪華なのが特徴だ。岩国市錦帯橋周辺の桜が有名で、その中でも岩国藩主の居館跡である吉香公園の桜が見事である。撮影した周南市徳山の桜のうち、市役所付近の県道(旧国道2号)の桜は、この系統を引くものかもしれない。

県道は、空襲で焼け野原となった徳山の復興のため、都市計画道路として建設された。その時植えられた桜ならば樹齢70年弱となるはずで、外観からして間違いないだろう。大規模な空襲を受けた都市として最小クラスとなる徳山は、戦後の復興において新宿、原宿、青山といった東京の地名を付名するなど、ユニークな手法も用いられている。復興道路に植えられた桜の木も、県下の銘木から持って来る「こだわり」があったとしても不思議でない。


徳山中心部で桜を撮ったのは初めてだったが、デジカメと銀塩との比較のため古い写真を引っ張り出してみた。特殊な外式フィルム(コダクローム)のため、保存性は29年前の撮影と思えないくらい驚異的に高い。
しかし、外式フィルムをまともにスキャンできる国産のフィルム専用スキャナが絶版となっているため、スキャナの光量不足やピントの甘さに妥協しつつ、最終的にレタッチソフトによって仕上げている。
レタッチソフトで彩度を上げていくと、嘘臭い派手色が現れる限界がある。最新のデジイチのソースの方が、コダクロームより限界が現れるのが早いようなのである。これは、コダクロームのカラーバランスが非常に優秀であり、経年変化も小さいことを意味する。製造中止になって久しいフィルムなので今更どうにもならないが、世界遺産(記憶遺産かも)に指定する価値があったんではと思ってしまう。
R861733upyou
1986.4 長崎市内 PKR or KR


 

|
|

« 「花燃ゆ」のラッピング列車[JR西・山口] | トップページ | 広島空港 ローカライザーの高さ検証 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531791/61411306

この記事へのトラックバック一覧です: 桜 さくら:

« 「花燃ゆ」のラッピング列車[JR西・山口] | トップページ | 広島空港 ローカライザーの高さ検証 »