« 昔の井笠鉄道バス(その2) | トップページ | 震災遺構と浦上天主堂1 »

オープントップバス 近鉄バス(大阪市内定期観光)

昨日、大阪市内某所で偶然、見かけた。「ん? 近鉄バスにWデッカーの貸切がいるんだ。高速バスの転用かな」と思い素通りしようとした。近づくと、屋根にジャバラがあってよく見ると2階屋根が無い! 中国JRの「めいぷるスカイ」と同じオープントップ仕様だったので慌てて撮影した。

近鉄バス 新着情報 2014/05/26 より引用
----------------------------------------------------------
平成26年7月10日より、大阪市内の観光スポットを巡る定期観光バスの運行を開始いたします。
このバスは、2階客席の上部が吹き抜けとなっている関西初の2階建てオープンデッキバスで、バスガイドの観光案内を聞きながら、大阪の空気と共に大阪の名所を満喫いただけます。
なお、1日4便運行で、近鉄高速バスセンター(大阪上本町駅)を起終点とし、途中大阪城、中之島、道頓堀、あべのハルカスを経由いたします。
----------------------------------------------------------

後から調べると運行開始は7月で、スタッフの習熟運行だろう。公式発表済みなので写真をアップしておく。

「めいぷるスカイ」の場合、屋根カバーは赤色で車体全体も同じ赤なので、カバーの存在自体が気づきにくかった。近鉄車はツートンカラーで、カバーが車体色と異なるので結構目立つ。
カバーを蛇腹折にたたむのは手作業となる推察され、ローテクな方法がとられているようである。

Dsc_6234

Dsc_6232

|
|

« 昔の井笠鉄道バス(その2) | トップページ | 震災遺構と浦上天主堂1 »

バス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531791/59812721

この記事へのトラックバック一覧です: オープントップバス 近鉄バス(大阪市内定期観光):

« 昔の井笠鉄道バス(その2) | トップページ | 震災遺構と浦上天主堂1 »