« 昔の広電バス(その4) | トップページ | 阪急三番街崩れ(大阪梅田高速バスターミナルの異変) »

昔の長崎バス(その2)

長崎バス ドレクメーラー メテオール E440
付 長崎県営バス 松ヶ枝駐車場

R8503_04_1032_2
築町付近にて(1985年)

記憶が正しければ、一般乗合バスとして常磐交通自動車の平~会津若松線に次ぐ国内2番目の2階建てバスである。長崎~西海橋経由~佐世保線(一般道経由)の車両変更する形で、1984年5月5日運行に1日2往復が運行開始。Wデッカー運行便に限り予約制とした。
ドイツ車らしい引き締まったボデーは、当時のWデッカーの中で最もスタイリッシュで、現在でも古さを感じさせない。エンジンはダイムラーベンツ330馬力を搭載する。
シルクロードExpressはこの個体に付けられた愛称である。

R8509_15_1026
旧常盤町営業所にて(1985年)

先進的な外観と裏腹に、行先表示は前面と側面車内にアクリル板、いわゆるサボが掲げられている。「経由」の文字が略字体であり、自社製だろうか。
当初は前面方向幕だったのだが、視認性が悪かったか、故障したか、操作・確認が煩雑だったかのいずれかの原因で、1年経たないうちにサボ式に変更されたのだろう。
行先のローマ字併記は長崎バスでは最初で最後かもしれない。英語堪能な短大卒の女性車掌が常務したことからも当時の意気込みが相当なものだったと推察され、外国人への気配りが行先表示に及んでいたことは今回の写真整理で初めて気がついた。

R8509_15__2

R8509_15__3

 

Img255_
運行前に撮影された広報・PR用写真を拡大

フロント下部の拡大写真は、長崎バス75年史の掲載写真と同じもので、退色が著しい。現物を見るとコダックのカラープリントであり、当時の国産プリントと比較して耐久性に雲泥の差がある。(コダックの名誉のため付け加えると、当時のネガフィルム・リバーサルフィルムの耐久性はコダックが優れている)

長崎バスでは1980年のサロンカーですらまともな広報写真が撮られていなかったものの、本車両やグラバー号用の日野グランデッカは、長崎市平和会館ホール(原爆資料館隣)をバックに広報写真が撮られている。
ここに掲げる旧常葉町営業所での写真を見て思い出したのが、Wデッカーの配置先の常盤町営業所の背景が長崎らしすぎる景色ということ。一度、観光ポスターでも使われたような気もする。「灯台下暗し」とはこのことで、今思えばここで広報写真撮っても良かったと思う。
地平からのアングルでは、被写体を車路に置くと掲載写真のように背景が見えにくくなる。駐車スペースに被写体を配置するため5~6台を松ヶ枝営業所に退避させる必要があって面倒だが、被写体を車路に置いて営業所の2階から撮る方法もあった。
借景となる左側のレンガ積の建物は旧英国領事館・現長崎市野口彌太郎記念美術館で、当時も公共施設の市立児童科学館でだったので、ほぼ問題ない。右山手の三角屋根建物の私立活水女子大学・活水女子短期大学には、了解をとるべきか微妙な見え方である。

常盤町営業所からの風景の例として、名鉄バスがゾロゾロ並んでいる写真を添えておく。
R9008105
名古屋鉄道(名古屋~長崎線) 常盤町営業所(1990年)

 

運行初日の1984年5月5日に、佐世保駅前で撮影した写真を紹介する。

おりしも西肥バスターミナルは建設中で、プレハブの待合所であった。Wデッカーの後に待機するのは続行便で、前年に導入されたばかりの6302号(三菱K-MP518N)。(追記)

折り返しの佐世保発のWデッカー第1便には、多くの乗客が待っていた。背景に興味深いものが写っている。「ナフコ家具センター」はホームセンター大手の「ナフコ」の経営によるものと思われる(現ワシントンホテルの敷地)。最近、TWO-ONE STYLEと称して家具扱いの知名度は上がっているが、古くから家具店があったらしい。ジャノメミシン看板の木造建物は屋根が明らかに歪んでいるが、現在、ジャノメビルとして建て代わっているようだ。

M8425_331114

M8425_30_2_1012

M8425_30_2_769

グランビューと同様に後面写真をほとんど撮っておらず、白黒写真が出てきたのでトリミングして紹介する。

M8425_30_1067

佐世保駅前駐車場の1階の待機風景。天井高はギリギリで、ニーリング機構を使って車高を下げて駐車していることがわかる。屋根にテレビアンテナを発見。グランビュー写真では解像度の関係でアンテナ本体は写っていなかった。

M8425_211122

M8425_21

ついでに、恒例化するかもしれない企画。スキャン時の副産物である。
常盤町営業所へお伺いしたのと同じ日に、近くの松ヶ枝埠頭の県営バス駐車場で撮った写真。貸切車は当時の路線車と同色塗分け違いで、82年の三菱フルデッカIIからハイデッカー車用に採用された。同グループのエアロバスのうち1台が大分県内で相手方責任による重大事故に見舞われ、イメージダウンを避けるため廃車となった事故車以外が空港リムジン新車(エアロバス)と同色に塗り替えられている。2ヵ年の採用にとどまった上、使用期間も短かった幻のボデーカラーである。

R8509_7_1488
旧上海香港銀行長崎支店をバックに
左から空港リムジンバス4856,4851(三菱MP517N 79年式)
空港リムジンバス9413(三菱P-MS713S 84年式)
貸切バス8893 (三菱P-MS725S) 83年式

|
|

« 昔の広電バス(その4) | トップページ | 阪急三番街崩れ(大阪梅田高速バスターミナルの異変) »

バス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531791/57690542

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の長崎バス(その2):

« 昔の広電バス(その4) | トップページ | 阪急三番街崩れ(大阪梅田高速バスターミナルの異変) »