« 謹賀新年 | トップページ | 清神社 »

惜別 井笠鉄道(井笠バス) (その4)

井笠鉄道バスの廃止(2012年10月31日限り)の直前の様子を紹介する。
 
鴨方・里庄編
Dsc_2117
寄島~鴨方循環線(JR鴨方駅南口)
鴨方駅南口を経由する乗合バスは10月限りで廃止され、浅口市コミュニティバスのみが乗り入れる状況となった。鴨方駅橋上駅完成・南口駅前広場供用開始は2011年3月なので、乗合バスの南口への乗入れは約1 年半しか行われなかったことになる。
 
Dsc_2123
天野実業通勤バス(JR鴨方駅南口)
井笠として唯一残ったいすゞキュービックは、こんな使われ方をしていた。この日だけなのか定かでないが、常用であれば社内的なレア車の末路の定番として納得できる。
 
Dsc_2111b
寄島~鴨方循環線(JR鴨方駅北口)
背後は仁故循環線で、北口に2台の乗合バスが揃う奇跡の瞬間である。
Dsc_2145
寄島~鴨方循環線(天草・浅口市健康福祉センター いきがいパレス前
この路線のみ、通常の天草バス停(北向き天草(大阪行停車地)は通過)に停車しない。


路面に「バス停」と書いてあるだけの南向き天草バス停に気づき、標柱を捜しているうち、仁故循環が突然現れた。鴨方駅8時9分到着の便がカメラの時計だと7時57分に通過しており、鴨方駅北口まで歩いて6分程度、バスなら3分の場所なので、終点が近いと言え911分の大早発である。
ところが、バス停の時刻表を見ると、そうでもないことがわかってくる。
 
2013.2.10一部修正
 
Dsc_2133
ポールも時刻表も見当たらない南向き天草バス停(鴨方駅方面)
Dsc_2134
鴨方駅~仁故循環線(天草)


Dsc_2137
上写真のすぐ北側の道路。ここで撮るつもりだった。

Dsc_2132
Dsc_2132_01
天草(北行)バス停の時刻表
 
鴨方循環線(仁故線)の運行時刻を以下に示す。鴨方駅前は北口、平日のみ運行、ダウンロード版時刻表、天草は現地時刻表より。
 
(右回り)鴨方駅前発7:30→天草7:32→緑ヶ丘7:41→長谷上7:59→天草8:00→鴨方駅前着8:09
(左回り)鴨方駅前発18:25→天草18:28→長谷上18:35→緑ヶ丘18:53→天草18:55→鴨方駅前着19:04
 
天草の定刻は8:00であり、終着に近い場所で3分程度の早発なら現実に珍しいものでない。
運行時刻をよく見ると区間所要時間の整合がとれてない。長谷上~天草間は朝1分、夕方8分、天草~緑ヶ丘間は朝9分、2分、が鴨方駅~天草間は鴨方発が2~3分、鴨方行9分とバラバラである。山陽線との接続の絡む鴨方駅直前で余裕をとっていることはわかるが、6~7分も加算するのは大袈裟だ。
高速バス大阪行と兼用の北向き天草停留所には標柱がちゃんと立ち時刻表も貼ってあり、仁故循環線の往復分の時刻が掲載されている。停留所前の道路は交通量の多い2車線道路なので、鴨方駅行の南向き天草停留所への停車は考えにくい。北向き天草の手前で右折し「いきがいパレス」の前を通って2回左折して北向き天草へ停車、再度「いきがいパレス」の前を通って方向転換して鴨方駅へ向かうのが正規の運行順序なのだろう。標柱無しの南向き天草停留所は、大阪線の降車専用だったことになり、辻褄が合う。
鴨方駅行きは天草停付近の路地を1周半するため2~3分の加算となり、 レール接続の余裕は5分程度と説明のつく長さに収まる。全体の所要時間を変えない代わりに、長谷上→天草が1分など雑なしわ寄せが行われているようだ。
 
 
Dsc_2200
Dsc_2202
里庄~寄島線(里庄駅バス乗場)

井笠鉄道の車両は、いすゞLT、日野RU17・RU3Hといった大型9m車(ショートタイプ)が多い。輸送力は中型車よりわずかに大きく、パワーラインが中型車と共通のためやや非力で、1980年代以降は導入例の少ないレアな車種である。
今回、乗車した路線は中型車ですら持て余す乗車密度であり、大型ショートタイプの必然性は感じられなかった。
Dsc_2258
中型車Z9907の車内(岡山200 か 47)
車幅の狭い中型車だが、座席は原則2人掛けとして多くの人が着座できるようにしている。
 
運行廃止まで1週間を切った時点で、井笠単独運行としては唯一の高速バス「カブトガニ号」に乗車した。ネット上ではETCを利用できず現金払いとなっている井笠の高速バスの報告があったが、この便に関してはETCは使われていた。
平日だったので正座席定員の半分強の乗りで、お客の年齢は高め。トイレ付きの車両にかかわらず休憩地のSAではお客の全員が下車してしまった。このような状況に遭遇するのは10年に1~2度で、客層に若年層が少ないことが影響したのかもしれない。
Dsc_2317
大阪~神辺高速線(上本町バスターミナル)

Dsc_2302
大阪~神辺高速線(SA休憩中)
 
浅口市は路線毎に週に数日、コミュニティバスを運行している。寄島方面は大部分が井笠の路線バスと重複しており、全国的に珍しい。
Dsc_2138
浅口市コミュニティバス ふれあい号(天草)

Dsc_2142
ふれあい号のバス停(標柱は無い)

Dsc_2141
タカキベーカリー鴨方工場
タカキベーカリーの製品は、関西の一部スーパーや伊丹空港の売店で取り扱っていて驚いたことがあるが、ここが製造拠点となっているのだろう。
 
Dsc_2261
里庄駅前で見掛けたコスプレを紹介しておく。
三脚付きのカメラ持参で通りがかりの人に本人との並びの記念写真を薦めていて、井笠バスをバックに撮るような動きもあった。素顔は隠されているので肖像権の問題は無いのだが、人工顔面(お面)の掲載は著作権に引っ掛かりそうなので見送る。
 
 
井笠鉄道バスの廃止にあたっては、10月16日付けの中国新聞社説に現況や課題の分析が行われている。短時間にかかわらず正確な取材・分析が行われていると思うので、一読をお勧めする。
この中で、最も印象に残ったのは、「中国運輸局の対応にも首をかしげる。」との言い方であった。他の地方ブロック紙と比較して穏便と思える中国新聞が、行政に対して辛辣な言葉を浴びせたのを初めて見た。細部について紙面に書かれていないものの、取材内容に基づく確信を凝縮した言葉であろう。
実際、中国運輸局からは、運行廃止が発表された10月1312日以降、「井笠鉄道(株)の事業廃止に伴う代替輸送に係る道路運送法の許認可について」との記者発表が23日になされるまで、HP上での情報発信は無かった。
関係自治体(県・市・町)の情報発信のタイミング・内容はバラバラで、関係住民の情報不足によるストレスを軽減するためにも、自治体発表のリンクページを特設するなどの「交通整理」を実施して欲しかった。影響範囲は2県に跨っており、国が出しゃばっても文句を言う自治体は居なかったはずである。
一つ不可解なことがある。事業廃止と代替運行は法令上は別事案であるが、井笠鉄道の事業廃止届に対する処理結果がHP上で見当たらないのである。法的整理に入っていない10月13日の届出時点では6ヶ月の周知期間不足で道路運送法違反として受理せず、11月2日の破産申立てにより廃止理由が発生したので受理したのか? これまでも廃止公示が数ヵ月後に中国運輸広報で行われることがあり、実は処理済なのか?
 
■終わりに
戦後、国内で数例のみの乗合バスの突然廃止に際して、乗る・記録するという相反する目標のもとで現地入りした。自動車は使用していないため、撮影は厳選した場所での一発勝負となる。オフィシャルな記録としての観点から風景を絡めた撮り方に努め、一旦廃止となる路線も重視した。
井笠バスに関しての土地勘はほとんど無かったものの、時刻表のダウンロード、空中写真による図上ロケハンが可能であり、昔のように現地で収集した情報によりスケジュールを組み立てる必要は無かった。
 
私が回った現場は暗さは感じられず、会社への恨み節も聞くことは無かった。乗務員から「遠方から来られて大変ですね」との言葉を掛けられ、「大変なのでそちらの方で」と言葉を返すのが精一杯だった。
地域住民や来訪者に不安を抱かせないための配慮だったかもしれないが...
発表から運行廃止まで2週間半は、各営業所の軽油タンクのストックで乗り切った。運行に支障するような職員の離脱も無く、10月31日まで1便の欠車も無かったと聞く。
井笠鉄道としての101年の有終を守り抜いた関係者の方々に敬意を表したい。
Dsc_2298
里庄~寄島線(里庄)

|
|

« 謹賀新年 | トップページ | 清神社 »

バス」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

栃木県では
JR矢板駅~玉生車庫(塩谷町)~東武新高徳駅間などの路線を運行する
藤田合同タクシーがバス事業廃止を届け出た翌日から運休したので、
学校を欠席せざるを得なかった生徒も出たようです。

それから考えるとやっぱり‘井笠の奇跡’だと言えます。

現在の状況では自治体が補助金を出したり運行を委託したりして、
地域の公共交通に関与していかないと
このような事態が再び起こると思います。

投稿: みれい | 2014年8月17日 (日) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/531791/56436729

この記事へのトラックバック一覧です: 惜別 井笠鉄道(井笠バス) (その4):

« 謹賀新年 | トップページ | 清神社 »